【韓国の視点】「日本としては困った状況だ」森保ジャパン、コパ・アメリカ選手招集が難航?

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本サッカー協会が、2019年コパ・アメリカの選手招集で難航に直面している。

3月7日、日本メディア『東京スポーツ』は、日本サッカー協会が欧州組の選手らを今年6月14日にブラジルで開幕するコパ・アメリカに招集するために所属クラブと対話を交わしたが、肯定的な返事は得られなかったと報じた。

コパ・アメリカは、クラブの派遣協力義務のある大会だ。代表チームから招集された選手全員を義務的に送らなければならない。

しかし、招待国資格で参加する日本は異なる。クラブ側は招集を拒否できるという。報道によると、大半の欧州クラブが選手たちに休息が必要だという理由で、選出に難色を示しているという。

(関連記事:【韓国の視点】カタールと日本が羨ましい理由…6月のコパ・アメリカ出場

多くの代表クラスが欧州で活躍している日本としては、困った状況だ。最悪の場合、大多数の主力選手を除いたJリーグ組中心のメンバー構成で大会に臨まなければならない。

日本サッカー協会側は、残り3カ月間、当該クラブとのコミュニケーションを図り、招集協力を引き出したい考えだという。

コパ・アメリカに出場して良い活躍を見せれば、年俸が跳ね上がるという点を強調したい考えもあるらしい。

ただ、選手の意思も変動事項だ。選手本人が出場を強く望むなら、クラブも選手の意向をくみ取る可能性が高くなるかもしれないが、はたして。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集