元中日ドラゴンズ岩瀬仁紀を超えた元阪神オ・スンファン、前人未到の大記録は数日以内に達成か?

このエントリーをはてなブックマークに追加

サムスン・ライオンズのオ・スンファン(39)が、韓国プロ野球通算300セーブまであと一歩まで迫っている。

今季開幕後5試合で4セーブを記録し、破竹の勢いで夢の300セーブを達成するかに見えた。しかし、チームの敗北やクローザーの出番がないような試合が続き、大記録達成のチャンスは先延ばしにされてきた。

さまざまな事情が折り重なり、4月13日以降は5試合でマウンドに上がることができなかったオ・スンファン。あらたな歴史の1ページとなる1セーブは、いつ頃記録されるのだろうか。

【関連】出て来い第2のオ・スンファン、東京五輪に向けて韓国代表“守護神”争いが勃発

サムスンは20日から3日間、ホームでSSGランダースと連戦を行うが、球団は祝福の準備を終えている状況だ。15日から1塁側の内野芝生席には、300セーブを祈願する“石仏ゾーン”が運営され、中央チケット売り場前の広場には記念フォトゾーンも設置されている。

そのほかファンン向けたイベントも進行しており、SNSに「#300SV」というタグとオ・スンファンに関連する写真とともに投稿すると、抽選でオ・スンファンの背番号である21人に直筆サインボール、スタジアム観覧利用券などをプレゼントする計画だという。

オ・スンファン

数々の記録を打ち立ててきたオ・スンファン

オ・スンファンはすでに多くのことを成し遂げた大投手だ。2005年にサムスンへと入団した彼は日本に進出するまで、9年間にわたって“サムスン王朝”のクローザーとして活躍してきた。2006年と2011年には47セーブを記録し、韓国プロ野球における1シーズン最多セーブ新記録を樹立したほか、2006年から2008年まで3年連続で救援王に輝いている。

また、2020年8月14日の斗山(トゥサン)ベアーズ戦では通算408セーブを挙げ、日本人投手の岩瀬仁紀(407セーブ)の記録を塗り替えたことも。

そして250セーブを達成した選手はオ・スンファンを含め、ソン・スンラク(引退、271セーブ)と、イム・チャンヨン(引退、258セーブ)の3人だけだ。20日から始まる3連戦で、ホームのファンたちと大記録を祝えるかに注目が集まっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集