元中日の岩瀬超えをはたした元阪神オ・スンファン、前人未到の大記録まで残り“2”

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国プロ野球、サムスン・ライオンズに所属するオ・スンファンが大記録を目前にしている。

オ・スンファンは4月11日に行われたKTウィズとのホーム3連戦最後の試合、チームが4-1でリードしていた9回表にクローザーとして登板し、1イニングで31球を投げて3被安打、1失点でセーブを記録した。

4月9日、同カードの初日から抑えとして出場していたオ・スンファンは、3連投で3セーブをマークし、衰えない投球を誇示した。

今季3セーブ目を挙げたオ・スンファンは、韓国プロ野球初の300セーブ達成まで残り2セーブを残した状態だ。昨シーズン終了時点で295セーブを記録しており、大記録まで残り5セーブの状態で今季を迎えていた。

サムスン・ライオンズのオ・スンファン

ほかにも、2020年6月16日の斗山(トゥサン)ベアーズ戦で、韓米日通算400セーブを達成。また、2020年8月14日の斗山ベアーズ戦では通算408セーブ目を挙げ、アジア圏では日本人投手の岩瀬仁紀(元中日ドラゴンズ)が保持していた407セーブ超えをはたしている。

また、韓国球界で250セーブを達成した選手はオ・スンファンを含め、ソン・スンラク(元ロッテ・ジャイアンツ、271セーブ)とイム・チャンヨン(元KIAタイガース、258セーブ)の3人のみとなっている。

11日のKTウィズ戦の勝利で4連勝を飾ったサムスン・ライオンズ。チームの好調がこのまま維持されれば、オ・スンファンの大記録も来週中に達成される見通しだ。

【写真】 “現役JK”に“パーフェクトボディ女神”も!! 韓国美女チアたち!

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集