U2のボノが韓国の文在寅大統領に直接書簡を送って支援を要請した理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

世界的ロックバンドU2のリーダーであるボノが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領に書簡を送ったことが明らかになった。

4月12日、韓国大統領府のカン・ミンソク報道官は書面でのブリーフィングを通じて、ボノが文在寅大統領宛てに、母国アイルランドの新型コロナウイルス感染症克服に向けて韓国の支援を要請する内容の書簡を送ったと明らかにした。

【写真】U2の楽曲についても語り合ったボノと文大統領の関係はこのときから始まった!!

ボノは書簡を通じて「新型コロナウイルス危機に対応する過程で、文大統領と韓国の先導的な役割に対して深い感謝を伝える」とし、「非常に重要な時期に韓国が見せた生命を救うリーダーシップに、全世界が感謝と感銘を受けながら見守っている」と述べた。

ボノは「韓国で生産されたり在庫がある個人保護装備、または診断キットなどがあれば、私が直接購入してアイルランドに寄贈したい」と、アイルランドへの医療装備支援のために直接購買する意思を明らかにした。

続いてボノは「現在アイルランドでは、新型コロナウイルス感染確定者が取り返しのつかないほど増加している」とし、「韓国が保有している洞察力と知識、何よりも使える装備を配ってくれることを丁寧に要請したい」と述べたという。

(写真提供=韓国大統領府)2019年12月に握手を交わす2人

またボノは「(私は)今やいつになく文大統領のファンだ」とし、「大統領はこの20年間、私が会った首脳たちの中で唯一、当面業務ではなく歌や歌詞への言及で(私との)対話を始めた方」として「絶対に忘れられない」と追伸を付け加えた。

U2のボノと文大統領の出会いとやり取り

ボノは2019年12月、U2の来韓公演時、文在寅大統領と面談を行ったことがある。

当時、文在寅大統領はU2のコンサートオープニング曲とエンディング曲について言及し、こんなことを話した。

前へ

1 / 2

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集