「BTS好きは最高の選択」世界の音楽チャート席巻に海外メディアが称賛

2020年02月25日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

2月21日にリリースされたBTS(防弾少年団)のニューアルバム『MAP OF THE SOUL : 7』が全世界の音楽チャートを席巻している中、海外メディアから好評が集まっている。

イギリスの有名音楽雑誌『ニュー・ミュージカル・エクスプレス』(New Musical Express)は2月22日、BTSのことを「これまで歩んできた道のりにプライドを感じる権利を持つグループ」と説明し、「ニューアルバムは彼らの考えと強い信念、様々な感情で満ちている。“BTS好き”は最高の選択であることを証明した」と称賛した。

【関連】BTSが『MAP OF THE SOUL:7』に自信「これは大当たり」

また、「今回のアルバムはBTSの深い省察に近い。各メンバーがソロ曲を通じて自分の人生を振り返っているという点で意味がある」と報じている。

アメリカの週刊誌『ニューズウィーク』(Newsweek)は2月24日、「(BTS)がグラミー賞で公演し、アルバムを発売することなどが一種の道しるべになっている」と言及した。

アメリカの『Variety』は2月21日、「BTS、MAP OF THE SOUL : 7で過去、クリエイティビティ、そしてインスピレーションに対して心を打ち明ける」と題した記事を掲載。

「世界中から400万枚の予約販売、チャートの先頭を走るアルバムと世界を股にかけた最高のステージまで、BTSのニューアルバムがどんな音楽であれ、成功したに違いない。彼らはスターパワーを楽しむ代わり、音楽を通じて自分たちをより上手く表現するために内面に深く潜った」と評価した。

BTS

アメリカの日刊紙『ロサンゼルス・タイムズ』(Los Angeles Times)も、『MAP OF THE SOUL : 7』の発売を「どんなものとも比べられない世界的なイベント」と表現し、「これまでBTSが成し遂げた成果が圧縮されたアルバムで、K-POPの未来を示している。BTSのキャリアの中で最もジャンル的な新しさを見せた」と評価した。

もはや世界最高のボーイズグループとなったBTS。米ビルボードは2月24日の記事を通じて来週のメインアルバムチャート「Billboard 200」1位にBTSが上がると見込んだ。

BTSは2月25日(韓国時間)、アメリカNBCで放送される『ザ・トゥナイト・ショー』(The Tonight Show)に出演し、新曲『ON』のステージを世界初披露する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事