【韓流スターあの人は今】紅白歌合戦にも出場した“チェ・ジウの妹”イ・ジョンヒョン

このエントリーをはてなブックマークに追加

2000年代の開始とともに、日本に沸き起こった韓流ブーム。ドラマで火が付いた人気はやがてK-POP人気へとつながり、今では10代たちも熱狂する“第3次韓流ブーム”が起きている。

気になるのは、かつて人気だった“あの人”たちのその後だ。

彼ら彼女らは今、どうしているのだろうか。

シリーズでお届けする意欲企画。今回は不朽の名作といわれるドラマ『美しき日々』で、日本でもその名を轟かせたイ・ジョンヒョンのその後と現在を紹介しよう。

NHK地上波でも放映されたドラマ『美しき日々』

『美しき日々』はイ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォンなど豪華韓流スターたちが、心に傷を負いながらも真実の愛を探し発見する正統派ラブストーリーとして人気を博した。

【韓流スターあの人は今】電撃結婚から1年。チェ・ジウは今、どうしているのか

日本では『冬のソナタ』に続き2003年にNHK-BSプレミアムで放送され人気を獲得。2004年にはNHKの総合テレビで地上波放映された。2005年にはドラマの映像と音楽を組み合わせたコンサートツアーも開かれているほどだ。

この『美しき日々』でチェ・ジウ扮するキム・ヨンスの妹分であり、歌手を目指すキム・セナを演じたのがイ・ジョンヒョンだ。

実際に歌手でもある彼女は『美しき日々』効果で、2004年末には日本でCDデビュー。その年の年末の紅白歌合戦にも出場した。

2006年にはチェ・ジウと竹ノ内豊が主演したTBSドラマ『輪舞曲(ロンド)』にも出演。このドラマでもチェ・ジウの妹役を演じている。

ただ、このドラマ出演を最後に活動の場を中国に移し、2012年には中国で「アジア最高人気大賞」を受賞した。

イ・ジョンヒョン

その後、再び韓国に戻り、『波乱万丈』(2011年)、『バトルオーシャン/海上決戦』(2014年)といった映画に出演。主演を務めた『誠実な国のアリス』(2015年)では青龍映画賞の主演女優賞にも輝いた。

2017年には映画『軍艦島』にも出演したイ・ジョンヒョン。韓国ではソン・ユリ、ハン・ジミンと並び30代とは思えない美貌を誇る童顔女優として評価されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集