少女時代ユナ、主演映画が累計動員900万人突破。“最旬女優”として新たなステージへ

2019年09月05日 話題 #韓国映画 #少女時代
このエントリーをはてなブックマークに追加

少女時代ユナ(本名イム・ユナ)の主演映画『EXIT』が、9月4日付で観客動員数900万人を突破した。

少女時代ユナと俳優チョ・ジョンソクがダブル主演を務めた同作は、この夏の最高興行作と言っても過言ではない。

“アイドルの服”を脱いだ少女時代のメンバーたち。女優業でも「お手本」となるか

ユナは観客動員数が900万人を突破したとのお知らせを受け、以下のコメントを残した。

「いろんなことを教えてくれた大事な作品『EXIT』が、たくさん愛されて本当に幸せでありがたい。“ウィジュ”に出会って泣いたり笑ったりした瞬間は、忘れられない貴重な時間だった。全て観客のみなさんのおかげだ。みなさんから頂いた身に余る愛情を、より良い演技でお返しする。改めて感謝を申し上げる」

累計観客動員数780万人を記録した『コンフィデンシャル/共助』に続き、初の主演作『EXIT』までヒットさせたユナ。

韓国映画界で最旬の女優になっただけに、今後の活動にも注目が集まる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事