『イ・サン』女優ハン・ジミン、映画『ハッピーニューイヤー』の片想い役は「楽しかった」

2021年12月27日 映画 #韓国映画
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ハン・ジミンが片想いをする役に挑んだ感想を明かした。

【画像】『ハッピーニューイヤー』出演14人のポスター公開

12月27日、ソウル龍山区(ヨンサン)CGV・IPARKモールで、破格のキャスティングで話題となったTVINGオリジナル映画『ハッピーニューイヤー』(原題)のメディア試写会が行われた。

『ハッピーニューイヤー』は、それぞれの事情を抱えた人たちがホテル「エムロス」を訪れ、自分なりの新たな道を切り開いていくストーリーだ。

ハン・ジミン

試写会には、ハン・ジミンをはじめ、俳優のイ・ドンウク、カン・ハヌル、少女時代のユナら出演者が登場。ハン・ジミンは「ほっこりとした希望を秘めた映画。観ている方にも、この思いが伝わってほしい」と語っている。

ハン・ジミンは劇中、片想いの感情を愉快で大ざっぱに表現した。「ソジンを演じたが、彼女はホテルのマネージャーとして働いているときはプロ意識がある。だが、友達に会うと残念な面が出てくる点が私自身に似ている」とし、「演じる前に、長い間片想いしたことのある親友から話をたくさん聞いた。もしも私ならどうするかも考えた」とも役作りについて明かした。

最後に「私たちの身近なところにあるラブストーリーだ。片想いのキャラクターを演じたことがなかったので、楽しくて新鮮な気持ちで演じることができた」と感想を述べた。

『イ・サン』女優ハン・ジミン、“透け感ドレス”で美肌見せ「綺麗で神秘的」【PHOTO】

恋愛においては“謙虚”だと語る女優ハン・ジミン、「片想いしたことある」と明かす

『イ・サン』女優ハン・ジミン、寒さを感じさせない“暖かいビジュアル”披露「ドキドキします」【PHOTO】

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集