実兄に約11億円を横領された韓国のパク・スホン、裁判所もついに仮処分受け入れ!!

2021年07月24日 話題 #トラブル
このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国の人気コメディアンであるパク・スホンが、実兄夫婦を相手取って116億ウォン(約11億6000万円)の訴訟を提起した。これとともに、実兄夫婦の不動産仮差押えおよび不動産処分禁止仮処分申請が裁判所で受け入れられた。

7月24日、パク・スホンの法律代理人側は、先月22日、「(パク・スホンが)実兄夫婦を相手取って損害賠償を要求する民事訴訟をソウル西部地方裁判所に提起した」と伝えた。

【関連】家族同士の裏切りと対立…「マネージャーの実兄に横領された」パク・スホン、“骨肉の争い”とは

従来の損害賠償の要求額は86億ウォン程度だったが、事件の調査過程で個人通帳の横領容疑が追加で明らかになり、請求趣旨を拡張したため、損害賠償の要求額は116億ウォンに増えたという。

また、パク・スホンは実兄夫婦名義のすべての不動産に対して仮差押及び処分禁止仮処分申請も先月7日、19日にそれぞれ受け入れられた。

パク・スホンはこれに先立ち、マネジメントを担当した実兄夫婦が30年間で約100億ウォンの出演料を横領したと明らかにし、法的対応を示唆した。 

パク・スホン

今年4月、実兄夫婦を対象に特定経済犯罪加重処罰などに関する法律違反(横領)の疑いで西部地検に告訴状も提出している。

しかし実兄側はこれについて否認している状態だ。
 

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集