『サイコだけど大丈夫』キム・スヒョン、新作の出演料が5億ウォン超え? 事務所はノーコメント

2021年03月26日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優キム・スヒョンに対して「次回作の出演料が5億ウォン(約5000万円)超え」と報じられたなか、所属事務所が公式的な立場を明らかにした。

【写真】キム・スヒョン、極上スーツ姿で「話題性に恥じない」オーラ

所属事務所ゴールドメダリストは3月26日、「(キム・スヒョンの)出演料に関する確認はできない」と発表。「事実無根」といった否定ではなく、「不可能」という言葉で濁したような対応だ。

これに先立って、韓国では「キム・スヒョンの次回作ドラマ『ある日の夜』(原題)の出演料が5億ウォンを超えている」と報じられた。1回あたりの出演でこの金額は、前作『サイコだけど大丈夫』の出演料2億ウォン(約2000万円)+αをはるかに上回る水準だ。

キム・スヒョンが前作で1回あたりの出演料を“2億ウォン+α”を実現したことで、業界では2億ウォン以上の出演料や、映像作品の中に実在する商品や企業を登場させて宣伝する“PPL”(プロダクトプレイスメント)によって生じた追加収益を要求する韓流スターも増えた。

ドラマという形態上、国内の視聴率の高さが海外での人気につながるわけではないため、制作会社の立場としては泣く泣く“売れる前提”の大物俳優をキャスティングしなければならない状況だ。そのため、高い出演料に関しては甘受せざるを得ない。

しかし、ミニシリーズを基準にして1話あたりの制作費が平均6億ウォン(約6000万円)台という点を考慮すると、今回浮上したキム・スヒョンの“5億ウォン超え2に関しては「現実味がない」という声も上がっている。

所属事務所は明確な立場を明らかにしていない状況ではあるが、いずれにしろ確かな話題性を持つキム・スヒョンの次回作ドラマであるだけにヒットは間違いないだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集