兵役中の俳優パク・ボゴム、久しぶりに公の場に登場。海軍の記念行事で司会役【PHOTO】

2021年03月28日 話題 #パク・ボゴム
このエントリーをはてなブックマークに追加

兵役中である俳優パク・ボゴムが、久しぶりに公の場に登場した。

【写真】パク・ボゴム、海軍でのお仕事にびっくり「めっちゃ楽しそう」

3月26日、韓国では「第6回西海守護の日」の記念行事が行われ、パク・ボゴム(一等兵)とチョン・ドンミ大尉が司会を務めた。

この行事は、2002年に発生した「第2延坪海戦」と2010年の「天安沈没事件」「延坪島砲撃事件」で犠牲になった西海守護55勇士たちの追悼式である。司会役で久しぶりに公の場に姿を現したパク・ボゴムは、厳粛な雰囲気の中で1時間ほどの行事をスムーズに進行させた。

軍服をビシッと着こなし、一層たくましい顔をしたパク・ボゴムに、ファンらの視線が釘付けになった。

パク・ボゴムは2020年8月31日に海軍教育司令部・海軍基礎軍事教育団に入隊し、基礎軍事訓練を受けたのち海軍本部文化広報兵として服務中。除隊は2022年4月頃とされている。

(写真=韓国MBCの公式YouTubeチャンネル)

◇パク・ボゴム プロフィール

1993年6月16日生まれ。本名同じ。2011年に映画『ブラインド』(原題)で俳優デビューした。2015年に放送されたドラマ『応答せよ1988』や翌年放送の『雲が描いた月明かり』などがヒットし、一躍有名俳優に。2018年には女優ソン・ヘギョと共に主演を務めた『ボーイフレンド』で韓国にとどまらない熱い人気に拍車をかけた。好青年ならではの爽やかなビジュアルから、韓国では「人間ポカリ」と呼ばれることも。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集