4月解散のIZ*ONE宮脇咲良、「BTSと同じ事務所と契約する」と報じられて話題に

2021年03月11日 話題 #IZ*ONE
このエントリーをはてなブックマークに追加

来る4月の解散が決まったIZ*ONEの宮脇咲良がBTSと同じ事務所になるとの報道が出た。

【写真】宮脇咲良の大胆すぎる“肩見せ”衣装

3月11日、『韓国経済』によると、宮脇咲良はBig Hitエンターテインメントと専属契約を交わすという。

同メディアは複数の関係者の話として、「(宮脇咲良は)最近その事実を側近たちに直接伝えており、Big Hitエンタ行きを既成事実化している」とのこと。今後、Big Hitエンタが手掛けるガールズグループに合流する可能性も高いと見られている。

先立って音楽専門チャンネルMnetは3月10日、「アジアを代表するガールズグループに成長したIZ*ONEのプロジェクト活動は、予定通り4月に終了することとなりました」と発表し、IZ*ONEの解散を伝えた。

解散の経緯についてMnetは「MnetとSWINGエンターテインメント、OFF THE RECORDエンターテインメントはプロジェクトの終了を前に12人のメンバーにとって最善の活動を考えて各自の所属事務所の意見を聴取しながら議論を続けてきた」と説明した。

IZ*ONEの解散でメンバーの今後に注目が集まっているなか、解散後も韓国で活動するとされる宮脇咲良のBig Hitエンタ行きの報道が飛び出し、話題となっている。

宮脇咲良

◇宮脇咲良 プロフィール

1998年3月19日生まれ。鹿児島県出身。ミュージカル好きな母の影響で小学3年生のときに鹿児島市内のミュージカルスクールに通い始め、その後子役として劇団四季の『ライオン・キング』福岡公演に出演した。2011年にHKT48の1期生オーディションに合格し、翌年に正規メンバー16人の1人に抜擢。2014年にAKB48との兼任が発表され、数々のヒット曲に参戦した。『希望的リフレイン』では渡辺麻友と共にダブルセンターを務めるなど、両グループで人気メンバーとして活躍した。

その後、2018年8月に放送された韓国Mnetのオーディション番組『PRODUCE 48』を通じて、IZ*ONEとしてデビュー。同じく48グループ出身の矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48チーム8)と共に日本人メンバーとして大きな人気を博している。テレビ番組などを通じてたびたびプロ意識の高さを見せ、気配り上手であることも相まってファンの間では「宮脇プロ」と呼ばれるほど。一方で、運動音痴な一面も。バラエティ企画などで見せる親しみやすい魅力もまた、ファンの心を掴んでいる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集