社会服務要員の兵役期間が短縮へ。チャン・グンソクも除隊が早まる!

2019年02月11日 話題 #康熙奉コラム #兵役
このエントリーをはてなブックマークに追加

これまで社会服務要員の兵役期間は24カ月だった。

陸軍の現役兵が21カ月だったのに対して、3カ月だけ長かったのだ。しかし、2018年10月から兵役期間が短縮されて、最終的に陸軍で18カ月になる。それにともなって、社会服務要員の兵役期間も短くなっていく。

要するに、社会服務要員の兵役期間が陸軍と連動しているので、陸軍の兵役期間短縮の影響が社会服務要員にも及んだのである。

具体的に言うと、2020年6月15日以降に入隊した人から3カ月の兵役短縮が完全実施されるが、それ以前に入隊した人は、入隊日に応じて段階的に短縮されることになっている。

それは、「2週間に1日ずつ短くする」という方法が採用されている。

チャン・グンソクの場合に当てはめてみよう。

(関連記事:チャン・グンソクにBIGBANGなど。兵役中の大物芸能人、除隊はどれほど早くなる?

チャン・グンソクは2018年7月16日に兵役をスタートさせ、社会服務要員としてソウル消防災難本部で代替服務をしている。

当初は社会服務要員の兵役期間が24カ月だったので2020年7月15日の兵役終了が予定されていたが、段階的な兵役期間の短縮が行なわれて、チャン・グンソクは41日除隊が早くなる。

それによって、彼は2020年の6月4日に兵役終了となる。

現在、チャン・グンソクは自宅から通いながらソウル消防災難本部で兵役の服務を続けていく。

残業がなくて、原則的に土日は休みである。

陸軍の現役兵と同額の給料が支給され、長期の休暇を取得することもできる。

子供のときからずっと芸能界で忙しく活動してきたチャン・グンソクにとって、もしかしたら、この兵役期間がもっとも時間的に余裕があるときかもしれない。

2020年6月4日の兵役終了まで、あと1年4カ月だ。チャン・グンソクが今後の芸能活動にプラスになるようなキャリアを積んで戻ってきてくれることを期待しながら、「その日」を待ち続けよう。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事