ク・ヘソンが語る『花男』撮影時の黒歴史!伝説の“スキーロボット事件”とは…

2021年01月04日 話題 #女優 #ク・ヘソン
このエントリーをはてなブックマークに追加

女優ク・ヘソンがかつての人気ドラマで見せた、伝説の“スキーロボット事件”について語るようだ。

【写真】『花男』女優ク・ヘソンの天使のような“超密着自撮り”

KakaoMで配信されている番組『FACE ID』は、韓国芸能界で活躍しているスターのスマートフォンを通じて、ライフスタイルをさらけ出すという新鮮なフォーマットで話題を呼んでいる、モバイルライフリアリティーショーだ。

これまでイ・ヒョリ、MONSTA X、シン・イェウンといった人気スターが、スマートフォンの録画を通じてリアルな日常を披露し、話題を呼んでいる。

本番組4人目の出演者となったク・ヘソンは、12月28日に公開された第1話で美少女時代の過去と家族写真、性格診断、恋愛観に至るまで自身のすべてを余すことなくさらけ出し、大きな関心を集めた。

◇伝説の“スキーロボット事件”

そして1月4日12時に配信される最新回でク・ヘソンは、親しい知人との出会いや、ネット上で有名な“ク・ヘソン黒歴史ショット”にまつわるストーリーを打ち明ける予定だ。

日本の人気作をリメイクした人気ドラマ『花より男子~Boys Over Flowers』でスキー姿を撮影したク・ヘソンは、顔は明るく笑っているが体はロボットのようにぎこちないという“マルチタスク演技”で、「伝説のスキー姿」を披露した過去を持っている。

これまで取りざたされてきた“スキーロボット演技”について彼女は「その当時は話題にならなかったが、冬のシーズンになるにつれ徐々に注目が集まる。冬になると“ク・ヘソンのスキー講習”が登場する」と、笑いをもらしたという。

10年以上経った今、改めて見てもぎこちない当時の姿について、ロボット演技が誕生した秘密を語る予定だ。

(写真=KakaoM)『FACE ID』

◇女優だけにとどまらないマルチな才能

さらにこの日の『FACE ID』では、女優、映画監督、作曲家として多方面で活躍する芸術家としての姿も見せる予定となっている。

知人の短編映画を鑑賞したあと、映像と音楽について意見を交わし、その場でBGMを提案してピアノを演奏する姿も見られるという。

KakaoMが毎週月曜12時に配信している『FACE ID』は、スターが日常的に使用しているスマートフォン画面をそのまま公開し、まるでスターのスマートフォンを直接垣間見ているような、これまでと一味違う娯楽を提供しているコンテンツだ。

スマートフォンのカメラで見るスター達の姿と共に、スマートフォン上のアラーム設定、ブラウザ検索キーワード、よく使うアプリなどプライベートはもちろん、フォトやメッセンジャーアプリなど、スターの隠された全てを赤裸々に公開している。

この番組は一般的な横画面ではなく、モバイルユーザーに向けた“縦画面”コンテンツとして制作され、ユニークな構成とフォーマットで話題を呼んでいる。

◇ク・ヘソン プロフィール

1984年11月9日生まれ。2002年のCM出演を機に芸能界デビュー。その後本格的に女優としての活動をはじめ、数々の作品を通じて愛くるしい魅力を披露した。特に、2009年に放送された『花より男子~Boys Over Flowers』(KBS)は日本でも大きな反響を呼んだ。その一方で、映画監督や画家、シンガーソングライターとしても活動。才能の尽きない女優として多方面に活躍している。書籍の執筆も手掛けており、2019年には韓国で自身の恋愛経験を基にした『涙はハートの形』(原題)を出版した。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「BTS」特集