“BTSの後輩”ENHYPEN がいよいよデビュー、FNS歌謡祭にも出演が決定!

2020年11月30日 K-POP #ENHYPEN
このエントリーをはてなブックマークに追加

注目の新人ボーイズグループ「ENHYPEN」は、Mnetのグローバルアイドルプロジェクト『I-LAND』で最終選抜された7人(JUNGWON、HEESEUNG、JAY、JAKE、SUNGHOON、SUNOONI-KI)で構成されたグループだ。

【関連】 BTSの後輩ENHYPENとは? 成功するしかない理由

11月30日にはデビューショーケースがオンライン生中継で行われた。ENHYPENのメンバーは、緊張とときめきのなかでデビューの感想を明らかにした。

リーダーのJUNGWONは「とても緊張している」とし、JAKEは「初となる歌とパフォーマンスの披露に胸が躍る」とデビューの感想を伝えた。

SUNGHOONは「ときめきと緊張が入り混じっている。これまで7人のメンバー全員が努力を重ねてきた。世界中のファンが応援してくださっている以上、これからも努力する」とし、HEESEUNGは「7人がENHYPENとなって初の舞台だけに、良い姿をたくさんお見せしたい」と語った。

(写真提供=BELIFT LAB)デビューショーケースでのSUNGHOON

またENHYPENは、12月2日にフジテレビ系列の音楽番組『FNS歌謡祭』にも出演することが決定。同番組ではデビューアルバム『BORDER:DAY ONE』から、タイトル曲『Given-Taken』を披露する予定だ。

ENHYPENのデビューアルバム『BORDER:DAY ONE』は11月30日に発売される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集