俳優イ・ミンホの次期作に出演する日本人女優は?日米韓をめぐる壮大な物語『Pachinko』

2020年10月23日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優イ・ミンホがアップルTVプラスのドラマ『Pachinko(パチンコ)』に出演することが決まった。

【写真】イ・ミンホの“くしゃくしゃ笑顔”に反響!「癒しでしかない」

アメリカ芸能メディア『デッドライン』は10月22日(現地時間)、『Pachinko』に韓国俳優イ・ミンホをはじめ、キム・ミンハ、ジンハ、澤井杏奈、南果歩などがキャスティングされたと報じた。

特に韓流スターのイ・ミンホとともに、韓国でもあまり知られていない新人女優キム・ミンハが出演者として名前を挙げたことが目を引く。

イ・ミンホ

アップルTVプラスのドラマ『Pachinko』は、在米韓国人作家イ・ミンジンの同名ベストセラー小説が原作で、韓国や日本、アメリカなどの出演陣で制作され、韓国語・日本語・英語の3カ国語で進行されるグローバルプロジェクトだ。

『Pachinko』は4代にわたる韓国人移民家族の物語で、韓国と日本、アメリカを行き来し、戦争と平和、出会いと別れなど描き、全8部作になる予定。韓国、日本、アメリカの俳優がキャスティングされ、来る10月26日に韓国で撮影を開始し、カナダでも撮影を計画中だ。

同作のキャスティングボートに最初に名を挙げたイ・ミンホは、ヤクザと縁を結んで富と権力を手にした商人を演じる。キム・ハンナは自身の道を切り開く10代女性に扮する。

感覚的な演出で知られるコゴナダ監督とジャスティン・チョン監督が、4部ずつ担当する。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集