『イ・サン』など出演のベテラン俳優、“労働搾取”疑惑について明かす【直撃インタビュー】

2020年06月30日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ホジュン-宮廷医官への道』や『イ・サン』『馬医』などの有名時代劇をはじめ、『マイ・プリンセス』『安いです!千里馬マート』など出演ドラマが数多い俳優イ・スンジェが、SBSの『8時ニュース』の報道について直接、口を開いた。

【注目】「私たちはアイドルの奴隷ではない」ボディガードが衝撃告白。誰のこと?

先立って『8時ニュース』は6月29日の放送で、ベテラン俳優(イ・スンジェ)の元マネージャーAさんが仕事をしていた2カ月間、彼の家族の雑用を引き受けて作男のような生活をしたと報じた。

報道によると、Aさんは自分の業務がマネージャーの仕事ではなく、イ・スンジェの家のゴミの分別をはじめ、イ・スンジェの妻が指示する雑用だったと主張した。Aさんはまた、イ・スンジェの妻から仕事のやり方が気に入らないと暴言まで吐かれたと付け加えた。

Aさんは2カ月間、週末を含めて休んだのはわずか5日だけで、週平均55時間を超えて働いたが、残業代はおろか、基本給は月給180万ウォン(約18万円)がすべてだったと主張した。

「過ちを認め、すでに謝罪もした」

イ・スンジェは6月30日、本紙『スポーツソウル』とのインタビューを通じて、「私の問題というよりは、妻と問題があった。私は一度も一緒に働く人に暴言をしたことはなく、その理由もない」と口を開いた。

イ・スンジェ

続いて「誤りがあったのであれば互いに直していけばいいのだが、その問題も後で聞いて、妻に間違っていると思い、次からは絶対にそうしてはならないし、負担を与えてはならないと言った。私もこれからはそのようなことはないと言った。そしてその日、当事者であるマネージャーと妻が話を交わした」と明かした。

さらに「現在、そのマネージャーが明かした私たちの過ちは認めている。事前に把握できず、制止できなかったことについて申し訳なく思い、謝罪した。機会があればもう一度、申し訳ないと伝えたい」と述べた。

最初の報道については、「SBSの記者に会って、さまざまな話と立場を伝えた。“私によってマネージャーの不条理な点に対して解決の糸口を見つけることができる”とまで言った」と話した。

続いて「ただ間違った部分については私にすべての責任があり、責任を転嫁するような内容が報じられたが、事実ではない。雇用と解雇の問題は私が主体ではなく、会社なので言及したもの」とした。また、「(マネージャーAさんは)労働委員会への提訴から私を除いたと聞いている。労働法に関することと妻との関係から生じた問題だが、誤っていたことは認め、本人にも謝罪した」と付け加えた。

「他の元マネージャーとは家族のように過ごす」

過去に同じくイ・スンジェのマネージャーを務めた、別のマネージャーのパク氏は、これらの疑惑についてSNSに長文を載せて反論した。

パク氏は「年を重ねた2人きりの生活をされていたため、助けが必要な部分もあった。インターネット注文はまったくできず、必要な物を注文して現金をもらい、重い物は当然、私が持ち運んだ。家を行き来しながらゴミの分別をしたりしたのも事実だが、まったく労働の搾取とは感じていなかった。若い自分ができることは、なんでも手伝いたかった」と、イ・スンジェ側に非はなかったと訴えた。

イ・スンジェは「前のマネージャーたちも家事をたくさん助けてくれた。お願いしたこともあるし、進んでしてくれたこともあるが、家族のように今も過ごしている」とし、「問題を提起したマネージャーはどこかに気難しい部分があって、解雇されると労働庁にも提訴し、SBSにも情報提供をしたようだ」と伝えた。

イ・スンジェは最初の報道が出た後、すぐに立場を明らかにして、他の被害者が出ることを防いだりもした。そして7月2日に記者会見を開くという立場だ。

最後にイ・スンジェは、「報道によって他の俳優たちが被害を受けるかと思い、実名で解明をすることになった。そして、この問題に関心がある方がいるのであれば、経緯を説明する場を用意する計画だ」と明らかにした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC『愛の不時着』特集