“BTS”とファンクラブ名“ARMY”、商標権を正式に獲得

2018年12月04日 K-POP #BTS
このエントリーをはてなブックマークに追加

K-POPグループBTS(防弾少年団)が、グループ名とファンクラブ名「ARMY」の商標権を獲得した。

韓国の特許情報検索サービス(KIPRIS)によると、グループ防弾少年団の英語表記である「BTS」は去る7~10月に正式に商標登録されたという。

所属事務所のBig Hitエンターテインメントが特許庁に「BTS」の商標登録を出願したのは、2017年7月。約1年の検討の末に商標権を得ることとなった。

韓国で「防弾少年団」として活動する一方で、アジア、北米、欧州などでは「BTS」の表記が親しまれ、グローバルファンクラブARMYもまた大きな影響力を持っている。

以上の理由から2012年に商標権を獲得した「防弾少年団」と「Bangtan boyz」に続き、追加の商標登録が行われたと分析される。

BTSは12月8~9日の2日間、台湾の桃園国際棒球場で海外ツアー「LOVE YOURSELF」を開催。その後も日本や香港、ソウルなど、各地で年末の公演を行い多忙なスケジュールをこなす見通しだ。

(関連記事:BTSのJINが直筆手紙を公開。「ファンが一緒に誕生日を楽しんでくれて嬉しい」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事