今年上半期に注目を集めるパク・ボゴムとイ・ミンホの新作!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今後予定されているドラマや映画の中で、特に期待を集めているのがパク・ボゴムとイ・ミンホの新作だ。ともに2020年の上半期に見ることができそうだが、俳優だけでなく制作陣も大物揃いなので注目度が高い。

【関連】同じ町内で育ったイ・ミンホとチョン・イル。2人の友情物語が素晴らしい!

まず、パク・ボゴムが主演する新作映画は『徐福』だ。

この映画でパク・ボゴムは、遺伝子の組み換えによって人造的に作られた複製人間を演じている。いわば、クローン人間だ。

そのクローン人間の争奪に関係する国家機関のエージェントに扮しているのがコン・ユである。

パク・ボゴムとコン・ユのダブル主演ということで大変な話題となっているが、もう一つ注目されているのが、演出を担当するイ・ヨンジュ監督だ。ラブストーリーの傑作と称される映画『建築学概論』でブームを巻き起こした監督で、緻密な構成で物語を作っていく手腕に定評がある。

撮影は2019年10月に終了しており、今は公開前の編集作業に追われている。果たして、どんな出来ばえになっているのか。

パク・ボゴム(左)とイ・ミンホ

一方、2019年4月に兵役を終えたイ・ミンホの復帰作となるのが『ザ・キング:永遠の君主』である。

あの『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の脚本を書いた大物のキム・ウンスク作家が脚本を書き、大ヒット作の『太陽の末裔』のペク・サンフン監督が演出を担当する。

この『ザ・キング:永遠の君主』は不思議な設定のドラマで、主人公が異次元の世界を自在に動く。そういう特異な世界観を体現できる俳優としてイ・ミンホが主役に指名されたのである。

彼は兵役を経て、満を持して新作に挑むことになった。準備期間もたっぷり取っていて、イ・ミンホが堂々たる演技を披露してくれることだろう。

(文=康 熙奉/カン・ヒボン)

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事