少女時代ユナ、3年ぶりにドラマ復帰へ!情熱に満ちたインターン記者役

このエントリーをはてなブックマークに追加

少女時代ユナが、韓国のJTBC新ドラマ『HUSH』(仮題)に主人公イ・ジス役として出演することが決定した。

韓国の小説『沈黙注意報』を原作とする『HUSH』は、新聞社を舞台に記者たちの生存や良心、その境界線のジレンマを描く人間味あふれるドラマだ。

【画像】ユナ、新型コロナ対策のマスク姿でも「美しい」

ユナは劇中、インターン記者イ・ジス役を演じる。イ・ジスは面接でも言うべきことは言う、しっかりとした性格の持ち主。先輩記者のハン・ジュンヒョク(演者ファン・ジョンミン)と出会ってから“本物の記者”を目指すキャラクターだ。

ユナはイ・ジス役を通じてインターンの野望と情熱に満ちたエネルギーを視聴者に伝える予定。また、記者として成長していく過程をより成熟した演技で表現すると期待されている。

初の主演映画『EXIT イグジット』で、コミカルから高度なアクションまで印象的な演技を披露し、940万人の観客を動員したユナは、2019年の「今年の女性映画人賞」で新人演技賞を受賞するなど、女優としての地位を固めた。

今回は、2017年の主演ドラマ『王は愛する』以来、3年ぶりのドラマ復帰ということで、早くも視聴者から関心が寄せられている。

すでに出演が確定した俳優ファン・ジョンミンとユナに続き、最高の制作陣が『HUSH』に力を与える。

ドラマ『ブッとび!ヨンエさん』シリーズ、『ゴハン行こうよ2、3』『おひとりさま~ひとり酒男女~ 』などで視聴者の共感を得る演出力を見せつけたチェ・ギュシクPDと、KBSドラマ『SUITS』で原作以上に興味深いストーリーを作り出した脚本家キム・ジョンミンが、タッグを組んだことで注目されている。

さらにOCNドラマ『ボイス~112の奇跡~』シリーズ、『十八の瞬間』(原題)、『ハイエナ』(原題)などを制作したキーイーストが加わり、完成度の高い作品となる見通しだ。

ユナ、ファン・ジョンミンが主演する注目の新ドラマ『HUSH』は、韓国JTBCにて下半期に放送予定。

少女時代ユナ(イム・ユナ)

◇ユナ プロフィール

1990年5月30日生まれ。本名はイム・ユナ。

2007年に少女時代のメンバーとしてデビューした。グループでは「少女時代の顔」としてセンターを担当。絶対的存在感を見せ、韓国だけでなくアジア諸国、日本、欧米からの人気も高い。女優業も活発で、2019年に公開された主演映画『EXIT』は累計観客動員数900万人を突破する反響を得た。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事