リバプール南野拓実に続けない?“元同僚”ファン・ヒチャンは「来春もザルツブルク」か

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン・ヒチャン(ザルツブルク)に向けた“ラブコール”が続いている。

フランスのメディア『L’EQUIPE』は1月10日(日本時間)、「オリンピック・リヨン(フランス)がファン・ヒチャンの獲得に関心を持っている。負傷で離脱したメンフィス・デパイの代わりの選手」と報道した。

【注目】“代表商品”はマネ…南野拓実とファン・ヒチャンのプレミア進出の可能性が高いワケ

ファン・ヒチャンは今冬の移籍市場で、欧州クラブから多くの関心を受けている。今シーズンの活躍のおかげだ。ファン・ヒチャンは22試合に出場し、9ゴール14アシストという大活躍を広げている。

初めて出場したUEFAチャンピオンズリーグでも3ゴール5アシストを記録し、自身の競争力をしっかりと証明した。ファン・ダイク(リバプール)やカリドゥ・クリバリ(ナポリ)など、世界的なDFとの競争でも劣らない姿を見せた。

(写真提供=AFP/アフロ)ファン・ダイクを交わすファン・ヒチャン

そんな活躍でファン・ヒチャンは、イングランド・プレミアリーグのウォルバーハンプトンから高い関心を受けた。移籍金も1900万ポンド(約27億2000万円)に策定された。

しかしエルリング・ブラウト・ホランドをドルトムント(ドイツ)に、南野拓実をリバプール(イングランド)に送ったザルツブルクが、ファン・ヒチャンの移籍に難色を示したことで状況が変わった。

ザルツブルクのクリストフ・プロポイント団長は最近のインタビューで、「ファン・ヒチャンについての問い合わせは多いが、彼は来春もザルツブルクでプレーするだろう」と移籍を一蹴した。

それでもファン・ヒチャンに関心を示すクラブは増えている。

『L’EQUIPE』によると、オリンピック・リヨンの最優先獲得対象者は、カメルーン代表FWカール・トコ・エカンビ(ビジャレアル)だが、計画がずれた場合、ファン・ヒチャンを優先する可能性が高いそうだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事