リバプール移籍が注目される南野拓実の同僚、ファン・ヒチャンにもプレミア移籍説浮上!

このエントリーをはてなブックマークに追加

惜しくもUEFAチャンピオンズリーグで決勝トーナメント進出を逃したザルツブルク(オーストリア)。そのなかでも、日本代表MF南野拓実(24)やノルウェー代表アーリング・ハーランド(19)らとともに、韓国代表FWファン・ヒチャン(23)も目を見張る活躍を披露した。

【関連】サッカー韓国代表は、絶好調のファン・ヒチャンを効果的に生かせないだろうか

これまでCLでは予選プレーオフ4試合の出場記録に留まっていたファン・ヒチャンだが、今シーズンのグループステージでは躍動してみせた。

チームは12月11日の最終節リバプール戦で敗れたことで決勝トーナメント進出を逃したが、試合が行われたレッドブル・アレーナには欧州ビッグクラブのスカウトがファン・ヒチャンのプレーに注目していた。

ファン・ヒチャン

試合翌日、英メディア『テレグラフ』は「ウルヴァーハンプトンが今冬の移籍市場でファン・ヒチャンを目標のひとつに設定した。ディレクターのケビン・テルウェル氏は、直接彼を見るべくザルツブルクへ渡った」と報じた。

また、同メディアは「ファン・ヒチャンの移籍は来夏が有力だが、1月に契約を結んだ後、今シーズンはザルツブルクでプレーを続ける可能性もある。移籍金は最大2500万ユーロ(約30億円)が必要だろう」と詳細も報じた。

以前、アーセナルやクリスタル・パレスなどプレミアリーグへの移籍が噂されたが、新たに出てきた移籍話だ。

今回のCLグループステージで、ファン・ヒチャンは自身の能力を十分に証明した。グループステージ6試合すべてで先発出場し、3ゴール3アシストを記録した。

特に、序盤戦で強烈なインパクトを残した。初戦のヘンク戦では右足でCL初ゴールを決めると、衝撃のハットトリックを見せたハーランドへの2アシストも挙げた。

(写真=ザルツブルク公式Twitter)

そして、アウェーでのリバプール戦では、前半39分にフィルジル・ファン・ダイクを鋭い切り返しで抜き去り得点したシーンが、現地で大きな話題を呼んだ。

現代最高のDFとして名高いファン・ダイクが、相手FWのフェイントに翻ろうされる姿は普段見られる光景ではない。だが、この試合の後半には南野のゴールをアシストするなど、昨シーズンCL王者相手に堂々たるプレーを見せつけた。

ファン・ヒチャンの次なる欧州の舞台は、CLの下位に当たるヨーロッパリーグ(EL)の決勝トーナメントとなる。

ELにも、ミラン(イタリア)やバイエル・レバークーゼン(ドイツ)、マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)などといった欧州屈指のチームがそろっている。

さらなるステップアップが期待されるファン・ヒチャンにとっては、活躍を披露できる絶好の機会となるだろう。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事