韓国の“日本キラー”キム・グァンヒョンのメジャー挑戦が困難に?「MRI画像を提出せよ」

2019年12月04日 スポーツ一般 #野球 #MLB
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポスティングシステムでメジャーリーグ(MLB)進出を宣言したキム・グァンヒョン(31・SKワイバーンズ)が、まだ第一歩を踏み出せずにいる。

韓国野球委員会(KBO)は12月3日、MLB事務局にキム・グァンヒョンのポスティングの公示を再要請したと明かした。

【関連】MLB挑戦の山口を酷評した米国報道に韓国紙も反応「さほど明るくない」

ポスティングの公示を再要請したのは、MLB事務局がキム・グァンヒョンの医療関連の追加資料を要求したからだ。

SKワイバーンズは11月22日、キム・グァンヒョンのメジャー挑戦を受諾した後、関連書類をKBOに提出した。そしてKBOは11月28日、MLB事務局にポスティング公示を要請した。

ところがMLB事務局からは告知がなかった。理由は、キム・グァンヒョンの手術履歴と関連して、具体的な画像資料を要求したからだった。

SK関係者は「既存のキム・グァンヒョン関連の書類には、医療関連の記録だけがあったのだが、(MLB側が)肘と肩にかかわる磁気共鳴画像(MRI)とX線撮影、コンピュータ断層撮影(CT)の資料を追加で要求した」とし、「選手側から関連資料を再びKBOに伝達した」と述べた。

キム・グァンヒョン

キム・グァンヒョンは2010年の優勝シーズンを送った翌年、脳梗塞と肩の痛みで苦戦した。 2011年、2012年シーズンは、相次いで二桁勝利に失敗。肘は2017年に手術し、2018年に復帰しながら徹底した管理で、11勝を獲得した。そして今年は“第2の全盛期”と呼ばれるほど球威を回復し、17勝(6敗)を記録した。

メジャーリーグの事情をよく知る関係者は、「MLB事務局が追加資料を要求したのは、キム・グァンヒョンの負傷部位を特別に見ているわけではない。もともとポスティングを控えた選手に対して、膨大な資料を要求する」と話した。

キム・グァンヒョンのポスティング公示はまだ至っていないが、地元メディアは多数の球団が関心を持っていると伝えた。

現在までに、ニューヨーク・メッツとカンザスシティ・ロイヤルズ、ロサンゼルス・ドジャース、アリゾナ・ダイヤモンドバックス、シカゴ・カブスの5球団が言及されている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事