バレンシアGMがイ・ガンインの“レンタル移籍”を示唆「多くプレーできるクラブを」

このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・ガンインにレンタル移籍の可能性が再び出てきた。

イ・ガンインが所属するバレンシアのマテウ・アレマニーGMは、8月16日の記者会見で「イ・ガンインとフェラン・トーレスの話は重要だ。2人はたくさんプレーして成長しなければならない時期」と口を開いた。

【関連】久保建英は? 韓国イ・ガンインが「ラ・リーガの真珠」20人に選定!!

2人はバレンシアの10代の有望株で、すでにラ・リーガデビューを果たした。しかし出場時間を着実に増やしたトーレスに対し、イ・ガンインは1月の1軍契約後、むしろ出場機会が大幅に減った。

アレマニーGMは「いずれもバレンシアの未来を担う重要な選手」とし、「今のチームで競争力があるのかを見なければならない。両者のために最も良い方法を探している」とした。

彼は、トーレスの残留する確率を高く見た。逆にイ・ガンインに対しては、他チームにレンタル移籍する可能性があることを示唆した。

アレマニーGMは「イングランドやスペイン、イタリアなどのビッグリーグでイ・ガンインが最も多くプレーできるクラブを見つけるつもりだ」とし、「小さなクラブになることもあるし、チャンピオンズリーグのクラブになることもある。各クラブのメンバーが組まれたが、早く進行する」とした。

8月11日、イ・ガンイン(一番右)がプレシーズン最終戦インテル・ミラノとのホームゲームを控え、U-20ワールドカップのゴールデンボールを持ったまま、U-19欧州選手権とU-21欧州選手権のスペイン優勝に貢献したチームメイトと記念撮影している

ラ・リーガは8月17日に開幕する。イ・ガンインは開幕戦にエントリーされるよりも、ラ・リーガの他クラブや外国クラブに行く確率が高い。

ただプレミアリーグは移籍市場が終わっており、行くことができない。イ・ガンインにとって今後2週間は、彼の将来を左右する期間となりそうだ。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事