名古屋グランパスと最終戦で激突の浦項、「勝利のために最善の努力を」と指揮官【一問一答】

このエントリーをはてなブックマークに追加

浦項(ポハン)スティーラースのキム・ギドン監督が、名古屋グランパス戦での“必勝”を誓った。

【関連】浦項に痛手…クロアチア人MFが足首負傷

来る7月7日、タイのラジャマンガラ・スタジアムで行われるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)の第6節で、名古屋と浦項が激突する。

ここまで5戦全勝で1位での決勝トーナメント進出が確定している名古屋に対し、浦項は3勝1分1敗の勝ち点10。今季ACLは東地区5グループの2位チームのうち、成績上位3チームのみ決勝トーナメントに進むことができるため、浦項としては来る名古屋戦で是が非でも勝ち点3を獲得したいところだろう。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)キム・ギドン監督(左)とオ・ボムソク

そんな重要な一戦を翌日に控えた6日、キム・ギドン監督とキャプテンで元横浜FCのDFオ・ボムソク(36)が前日記者会見に出席。

キム監督は「明日の試合に勝利できれば(決勝トーナメント進出の)可能性は高まる」とし、「勝利のためだけに準備している」と力強く語った。

また、オ・ボムソクも「重要な分水嶺で名古屋と再び出会うことになった」とし、0-3で敗れた1回目の対戦の「挽回をしたい」と意気込んだ。

(写真提供=韓国プロサッカー連盟)オ・ボムソク
(写真提供=韓国プロサッカー連盟)キム・ギドン監督

以下、キム・ギドン監督、オ・ボムソクとの一問一答。

―明日の試合結果次第ではあるが、決勝トーナメント進出の可能性は残されていると思うか。

キム・ギドン監督「そのような自信を持って選手たちと準備している。明日の試合に勝利できれば(決勝トーナメント進出の)可能性は高まるので、勝利のためだけに準備している。勝つために最善の努力を尽くす」

―重要な試合を控えて、選手たちのモチベーションと自信はどうか。

オ・ボムソク「重要な分水嶺で名古屋と再び出会うことになった。(0-3で敗れた)前回の試合を挽回すべく、今回の試合に向けて多くの準備を進めている」

―負傷者が多いが、明日の試合も負傷者による影響はあるのか。

キム・ギドン監督「(負傷者多発で)リーグで見せたパターンを試合で続けられずにいる。悩みが多いのは事実だ。しかし、この過程を通して若い選手が多く成長していることはチームに役立つ部分だと思う。負傷者を次の試合で投入できるかはわからないが、すべての選手が“ワンチーム”となって準備をしている」

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集