韓国女子ツアーで“初優勝”まで最も多く大会に出場し続けた選手は?今季は記録更新の可能性も

2021年04月05日 ゴルフ #韓国女子ツアー
このエントリーをはてなブックマークに追加

正規ツアーデビューから10年、そして237回目の出場となった2019年の「ADTキャップス・チャンピオンシップ」で生涯初の優勝を果たしたアン・ソンイ(30)は、韓国女子ツアーの「最多出場優勝者」記録部門で1位を走っている。

【関連】韓国女子ツアーで最も多く大会に出場している選手は?

アン・ソンイは2008年10月に韓国女子プロゴルフ(KLPGA)協会に入会して以降、236大会に出場するも一度も優勝できずにいた。それでもくじけずに突き進んだ結果、初優勝という花を咲かせることができた。

初めての優勝トロフィーで喜びを味わったアン・ソンイは、その10カ月後に行われた2020シーズンの「2020ファントムクラシック」で通算2勝目を達成し、初優勝が偶然でなかったことを証明した。

アン・ソンイは「最多出場優勝者」記録について、「もしADTキャップス・チャンピオンシップでこの記録に気を使ってプレーしていたら、優勝できなかったかもしれない」と笑いながら語った。

そして、「人生初の優勝はまるで私にとって補償のようだった。ひたすらゴルフばかりして、辛いときは“忍耐は苦いがその実は甘い”という言葉で自らを励ました。これからはゴルフ以外の趣味を探すつもりだ」と述べた。

(写真提供=KLPGA)アン・ソンイ

「もちろん記録更新もしたいが…」

その「最多出場優勝者」記録は、ある選手によって今シーズンにも更新されるかもしれない。

2009年6月に韓国女子プロゴルフ協会に入会し、これまで正規ツアーで265大会に出場してきたキム・チョヒ(29)がその主人公だ。

2010年から本格的に正規ツアーで出場記録を積み上げてきたキム・チョヒ。2014年、2017年、2019年、そして2020年と計4回、正規ツアーのシード順位戦を経験しており、韓国女子ツアーで10年連続で活動した選手しか入ることのできない“K-10クラブ”にも名を連ねるなど、確固たる実力を持っている。

キム・チョヒは「初勝利を目標に毎シーズン努力している。現在、“K-10クラブ”では私を除くすべてのメンバーが優勝しているが、優勝がなくても引き続き正規ツアーで活動できていることに感謝したいし、嬉しく思う。今シーズンにも優勝して、最多出場優勝者の記録を塗り替えられたら光栄だ」としつつも、「もちろん初勝利と記録更新も達成したいが、これから韓国女子ツアーでもっと長く活躍したい。今シーズンも良い成績、そして安定したプレーを見せるために一生懸命準備したい」と意気込んだ。

(写真提供=KLPGA)キム・チョヒ

生涯初優勝のために諦めず毎日精進しているキム・チョヒが、今シーズン初めてトロフィーを掲げるとともに、「最多出場優勝者」の記録を更新できるかどうかが注目される。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集