イ・ミナや海外組も!女子サッカー韓国代表が東京五輪予選プレーオフ前の招集メンバー28人を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京五輪本戦出場を目指す女子サッカー韓国代表が、アジア最終予選プレーオフに向けた最後の招集トレーニングを実施する。

韓国サッカー協会は3月16日、中国との東京五輪アジア最終予選プレーオフ前の最後の女子サッカー韓国代表招集メンバーを発表した。

計28人を招集した代表チームは今後、来る22日から坡州(パジュ)のサッカー国家代表トレーニングセンター(NFC)でトレーニングを行った後、最終的なメンバーを確定する予定だ。

メンバーは以下の通り。

GK:カン・ガエ(世宗スポーツTOTO)、キム・ジョンミ(仁川現代製鉄)、ユン・ヨングル(慶州韓国水力)

DF:キム・ヘリ、イム・ソンジュ、チャン・スルギ、ホン・ヘジ(以上、仁川現代製鉄)、シム・ソヨン(世宗スポーツTOTO)、パク・セラ、イ・セジン(慶州韓国水力)

MF:チ・ソヨン(チェルシーFCウィメン)、チョ・ソヒョン(トッテナム)、イ・ミナ、イ・ヨンジュ(以上、仁川現代製鉄)、クォン・ハヌル(報恩尚武)、クォン・ウンソム(水原UDC)、チャン・チャン(ソウル市庁)、チョ・ミジン(高麗大学)

FW:カン・チェリム、ソン・ファヨン、チェ・ユリ(仁川現代製鉄)、イ・グムミン(ブライトン)、ヨ・ミンジ、キム・サンウン、ソ・ジヨン(慶州韓国水力)、チョン・ウンハ、チュ・ヒョージュ(水原UDC)、イ・ウニョン(高麗大学)

イングランド勢も合流

コリン・ベル監督率いる女子サッカー韓国代表は、4月8日に韓国・京畿道(キョンギド)の高陽(コヤン)総合運動場で第1戦、13日に中国・江蘇省の蘇州(スージョウ)オリンピックスポーツセンターで第2戦を戦う。当初昨年に予定されていたプレーオフは、新型コロナウイルス感染症の影響で延期に延期を重ね、来月に開催されることとなった。

女子サッカー韓国代表は未だオリンピック本選に出場したことがない。それだけに今回、是が非でも東京で行われる本大会に進む意志が強い。

(写真提供=韓国サッカー協会)イ・ミナ

今回の招集には、チャン・スルギやイ・ミナといった国内組の既存メンバーのほか、イングランドのFA女子スーパーリーグで活躍するチ・ソヨン、チョ・ソヒョン、イ・グムミンなど海外組も合流。さらには、チュ・ヒョージュやイ・ウニョンら新進気鋭の若手もメンバーに加わった。

なお、イングランドでプレーする3選手については、所属クラブとの協議を行った後、合流日を決定する予定だ。

【写真】まるで修学旅行!イ・ミナが制服姿で京都観光

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集