ファン・ヒチャン、青年監督に見放されたか…2試合連続出番なしでチームも0-5と大惨敗

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファン・ヒチャン(24)が所属するドイツ・ブンデスリーガRBライプツィヒは、10月29日(日本時間)にUEFAチャンピオンズリーグ(UCL)グループH第2節、マンチェスター・ユナイテッドとのアウェー戦に挑んだ。

【注目】名門の凋落とともに泥沼にハマる“韓国の至宝”

ファン・ヒチャンは10月24日に行われたヘルタ・ベルリンとのリーグ戦に続いて、2試合連続で出場機会を与えられなかった。

今シーズンから所属しているライプツィヒでのファン・ヒチャンの立場は、非常に不安定だ。出場状況は国内カップ戦で1度先発出場したにとどまっており、リーグ戦で出場した3試合はすべて途中出場だった。

UCLでも1試合は途中出場、1試合は不出場となっており、現状レギュラー争いでライバルの後塵を拝している。今夏加入したジャスティン・クライファート(21)は引き続き出場時間を与えられており、ポジションを争っているマルセル・ザビッツァー(26)もケガから復帰するなど、出場枠に空きがないのは事実だ。

ユリアン・ナーゲルスマン監督(33)は「ファン・ヒチャンには時間が必要だ。忍耐強く待つべきだ」と語ったが、その待機時間には終わりが見えない上に、ライバルたちにはどんどん先を越されている。

ファン・ヒチャン

この試合、ライプツィヒは前半21分にメイソン・グリーンウッド(19)に先制ゴールを決められるものの、0-1で試合を折り返した。しかし後半29分から試合終了直前まで立て続けに4失点し、結果0-5で大敗した。マンUの10番を背負うマーカス・ラッシュフォード(23)はハットトリックを記録し、勝利の立役者となった。

マンUはUCL1戦目のパリ・サンジェルマン(フランス)戦の勝利に続いてUCLで2連勝を飾り、現在グループH単独首位を走っている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集