八百長で韓国追放の有名投手がまさかの復帰へ。なぜメキシコなのか

このエントリーをはてなブックマークに追加

八百長に加わったことで韓国プロ野球界から永久除名されたパク・ヒョンジュンがメキシコ・リーグでプレーすることになった。

メキシコのモンテレイ・サルタンズ1月12日(日本時間)、球団のホームページにパク・ヒョンジュンの写真を掲載し、パク・ヒョンジュンの加入を伝えた。パク・ヒョンジュンがサルタンズのユニフォームを着て投球動作をしている写真だ。

(参考記事:韓国プロ野球の“暗部”か。八百長の当事者が現役選手の実名を暴露して波紋

パク・ヒョンジュンは2009年ドラフトでSKワイバーズから指名を受けて韓国プロ野球へ。2010年にLGツインズに移籍した後、2011年には13勝10敗、防御率4.18を記録した。

(写真=モンテレイ・サルタンズ公式HP)パク・ヒョンジュン

しかし、2012年に八百長に加担した事実が明らかになり、韓国球界から永久除名された。パク・ヒョンジュンはKBO(韓国野球委員会)と選手協定を締結しているアメリカ、日本、台湾のプロリーグには出場できないが、メキシコでは選手としてプレーできる。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事