2021年サイ・ヤングの行方、ダル「+1000」マエケン「+2000」リュ・ヒョンジン「+1300」何の数?

このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年のMLBア・リーグのサイ・ヤング賞は誰に贈られるのだろうか。

野手が主に受賞するMVPには不確定要素が少なくない。しかし、投手の最高の栄誉であるサイ・ヤング賞には特段大きな異変は起きないとされており、シーズン前の候補者から1人が獲得する可能性は非常に高い。

【関連】リュ・ヒョンジンが2年連続サイ・ヤング賞候補に選出されたワケ

ラスベガスの賭博師らはシーズン前、各チームのワールドシリーズ優勝確率も提示するが、MVPやサイ・ヤング賞の確率もともに掲出される。

アメリカのスポーツ賭博サイトは2021年のサイ・ヤング賞候補に、ア・ナ両リーグから15人ずつを候補に上げている。トロント・ブルージェイズのエース、リュ・ヒョンジンはここでア・リーグのトップ5に入った。

リュ・ヒョンジン、前田健太所属のア・リーグ

リュ・ヒョンジンのオッズは「+1300」とのことだ。例えば100ドル(約1万円)を賭けて彼が受賞すれば、1300ドル(約13万円)が戻ってくる。

リュ・ヒョンジン(左から2人目)

リュ・ヒョンジンは2年続けてサイ・ヤング賞投票でベスト3に入り、2021シーズンの獲得確率も高い部類だ。2019年のロサンゼルス・ドジャース所属時には2位、2020年のトロント・ブルージェイズでは3位にランクされている。

ア・リーグで受賞確率が最も高いとされた投手は、ニューヨーク・ヤンキースのゲリット・コールだ。彼はピッツバーグ・パイレーツ、ヒューストン・アストロズを経て、昨シーズンからヤンキースへ加入しており、まだ受賞経歴はない。ゲリット・コールのオッズは「+350」だ。

2位には、昨年受賞したクリーブランド・インディアンスのシェイン・ビーバーで「+400」とされており、シカゴ・ホワイトソックスのルーカス・ジオリトが「+450」、タンパベイ・レイズのタイラー·グラスノーが「+950」で順に挙げられている。ミネソタ・ツインズの前田健太は「+2000」だ。

リュ・ヒョンジン

ダルビッシュ有所属のナ・リーグ

ナ・リーグでは、現役最高投手と称されているニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロムだ。デグロムは3年連続でナ・リーグのサイ・ヤング賞を狙っていたが、2020シーズンはシンシナティ・レッズのトレバー・バウアーに奪われている。

賭博師たちはデグロムに「+500」という数字を提示した。続いてロサンゼルス・ドジャースに移籍したトレバー・バウアーが「+700」、ワシントン・ナショナルズのマックス・シャーザーが「+850」、ロサンゼルス・ドジャースのウォーカー・ビューラーと、サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有が「+1000」の順だ。

数値を見る通り、ア・リーグよりもナ・リーグの競争がより激しいことが見て取れるが、果たしてリュ・ヒョンジンは念願のサイ・ヤング賞を獲得できるのか、今季も目が離せない。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事

RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真

TOPIC「Netflix韓流トリオ」特集