SHINee、ソン・ヘギョ…日本からの解放記念日「光復節」を祝った韓流スターたち

2019年08月15日 話題
このエントリーをはてなブックマークに追加

俳優、歌手などの分野を問わず、多くの韓流スターが光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)を記念した。

8月15日の光復節は1945年に韓国が日本から解放されたことを記念して、また臨時政府法統を継承した大韓民国政府樹立を祝う日として、今年74周年を迎えた。

国民と各界の人士だけでなく、さまざまな韓流スターも光復節を記念した。

まずソン・ヘギョはソ・ギョンドク教授とともに、光復節と大韓民国臨時政府樹立100周年を記念して、中国の重慶臨時政府庁舎に案内書1万部を寄贈した。ソン・ヘギョとソ・ギョンドク教授は、これまでも数回、さまざまな方法で韓国の歴史と文化を知らせる活動の先頭に立った。

【関連】「思い返すとあれが決定打だった」…関係者が目を疑ったソン・ヘギョの“ある行動”

ソン・ヘギョ

兵役中のSHINeeキーとBTOBチャンソプ、そしてSHINHWAキム・ドンワンは、第74回「光復節政府慶祝式」に出席し、独立有功者の子孫たちと国歌を斉唱した。

キム・ドンワンは「独立記念館で開かれる慶祝式に、しかも2004年以来初めて来た場所に、ひとつの心を持つ国民として参加することができて光栄だ。先祖の願いが、国民の念願が必ず成し遂げられると信じている」と感想を伝えた。

(写真=SHINeeキーInstagram)

また歌手兼タレントのチョン・ヒョソンは、大韓民国臨時政府樹立100周年を迎えてMBCが企画したキャンペーンドキュメンタリー『記憶録』に、フィーチャリングとして参加した。

彼女はSNSに「ジェイブラック(按舞家)さん側にフィーチャリングで参加することになった。自分の声を意味深いところで使ってもらえて光栄」とし、「独立の日を待っていた多くの方々の崇高な精神、犠牲。いつまでも覚えて感謝しながら生きていく」と綴った。

チョン・ヒョソン

他にも多くの韓流スターがSNSを介して光復節を記念した。

女優キム・ソヒョンは自分のSNSに「8.15光復節」という文とともに、太極旗(韓国国旗)の写真を掲載した。彼女は6月6日の顯忠日(韓国の殉国者と戦没将兵を追悼する記念日)にもコメントを上げて話題になっている。

他にも女優キム・セロン、WATCHERソ・ガンジュン、俳優ユンバク、俳優シン・ヒョンジュン、歌手ハ・リス、タレントのクォン・ヒョクスなどがSNSに太極旗の写真やハッシュタグなどを上げて、愛国志士に感謝の気持ちを表わした。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事