東京五輪の福島開催に懸念の声。「食事は別途用意」「出場権確保してから検討する」

このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国スポーツは“放射能の恐怖”にどう対処するのか。

日本は来年、1964年以来56年ぶりに首都・東京で2度目のオリンピックを開催する。津波の被害に遭った2011年東日本大震災からの「復興五輪」もオリンピックのテーマのひとつだが、とあることが引っかかる。

放射能汚染があった福島原子力発展所がある福島県産の農産物が使われることと、福島で野球とソフトボールの試合が開催されるということだ。福島を「見て食べる」ということを世界の人々に経験させることで、「この地域が安全だということを知らせる」ということを東京五輪で実現させる考えたのようだ。

(関連記事:1年後の東京五輪で韓国の目標は「金7個、総合10位。心配は福島産の食べ物だ」

東京五輪の公式ホームページによれば、野球とソフトボールなどの一部競技が福島に位置した県営あづま球場で行われる。6の参加国が無条件に2試合ずつ福島で試合しなければならないソフトボールに関しては、韓国の五輪出場の可能性がかなり低い状態だが、気になるのは野球だ。

野球は開催国である日本が行う予選リーグの第1試合だけが、あづま球場で行われる。韓国が予選を通過して6カ国が争うオリンピック本大会に進出しても、福島で同じアジア同士の日本と試合する可能性は低い。日本と、アメリカ大陸予選を通過した国が開幕戦を行うのが有力だ。

(写真=リオ五輪共同取材団)

そうだとしても、日本と開幕戦で激突するチームの反発が予想されるため、実際に対戦表が決まれば、福島での試合に対する論議が激しくなる見通しだ。

大韓体育会は、福島農産物に対しては選手村の近くに支援施設を設け、別途の食べ物を供給するように全力を尽くす計画だ。

大韓体育会のキム・ボヨン広報室長は「別途の調理師と選手支援団を準備している。選手支援関連場所の下見がすべて終わった」とし、「別途設けるコリアハウスは記者会見場をはじめ韓国スポーツの広報場所であり、選手保護問題としても支援場所としては適切ではない。選手村から近い所に別途、設けられる」と明らかにした。

キム室長は「ただ韓国産の米を持っていくなど具体的なプランは(選手団の輪郭が出る)来年準備をする」と説明した。

野球やサッカーなどプロ選手が多数参加する人気球技種目の場合は、まだアジア予選が終わっておらず、福島農産物関連の方針を決めかねている。野球韓国代表は11月のプレミア12、もしくは来年3~4月のオリンピック最終予選などを通じて東京行きが決まる。

男子サッカーは来年1月、タイで行われるU-23アジア選手権で3位以内に入らなければならない。女子サッカー代表は来年3月の最終予選を突破しなければ、東京に行けるかどうかもわからない。

韓国野球委員会と大韓野球協会は関連論議について「本大会進出決定後に話し合う」と公式立場を明らかにした。韓国サッカー協会も「来年1月のU-23アジア選手権に集中することが優先」と話すことにとどまっている。

前へ

1 / 1

次へ

RELATION関連記事


RANKINGアクセスランキング

PHOTO写真


TOPIC注目記事